⑦ 育児がこんなに大変だと思わなかった【新生児編】

新生児育児は24時間営業である。【育児大変シリーズ4】

26ブログ

「新生児の育児がこんなに大変だと思わなかった」シリーズ第4回です。

第4回は「新生児育児は1日に終わりがない」です。

 

24時間オンの生活

新生児育児の何が大変なの?

これまでの記事にくわしく書きましたので、どうぞご覧ください。

第1回 新生児は泣きやまないものである

第2回 新生児は寝ないものである

第3回 新生児は泣くことしかしないものである

つまり、、、

新生児って、泣いてるだけで、寝ないんです。

お母さんは、出産したら突然、24時間、赤ちゃんのペースに振り回される生活になってしまうんですよね。

自分がお世話をしないと死んでしまうような赤ちゃん。

いつ泣きだすか分からない。

夜中でも、1.5時間おきに泣きだし、おっぱいを飲むのに30分かかる。(←人による。)

終わらない1日を、何日も何日も続けているような感覚。

仕事をしていたときはまったく違う感覚です。

朝起きて職場に行って、残業する日もあれば、アフターファイブに飲みに行くこともあったけど、夜はベッドで眠れました。

少なくとも、決まった時間に起きて、決まった時間に眠れる…

オンとオフの切り替えのある生活でした。

育児は違います。

ずっと、オンです。

一体、この生活がいつ終わるのだろう。

先の見えない真っ暗なトンネルの中を、ゾンビのように歩いているような、暗い気分が続きました。

スーパーイクメンの言葉

そんなとき、友人のスーパーイクメンが遊びに来てくれましゃいた。

彼は、仕事をしながら、夜中の授乳に100%付き合って起きていたというツワモノです。

真っ青な顔でヨレヨレになっている私に向かって、彼は言いました。

正解は『何もしない』だったりするから、頑張らないで。」

私は、いつも、泣いている理由を探し、正解を見つけようと必死でした。

おっぱいをあげたり、抱っこしたり、おむつを替えたり・・・

でも。

今、振り返ってみて思うことは、赤ちゃんは泣きたいときには何をしても泣くということです。

赤ちゃんはコントロールできません。

時間が解決するのを、辛抱強く待つしかないときもあると思うのです。

頑張ってはいけなかった

出産から産後1カ月間、私は死ぬほど頑張っちゃいました。

産後2週間はほとんど眠らず…

育児書を読み、育児記録をつけ、ネット検索し、お母さん業をこなそうと、必死でした。

産院の入院生活編やってはいけない産後ライフ編をご覧ください。)

産後は、無理をすればやれてしまう時期でもあります。

でも、やってはダメです。

限界を超えて頑張ると、人は壊れます。

私は、産後1カ月で燃え尽き、産後うつになってしまったのですよ。

次回からは、「育児ノイローゼと1カ月検診編」をお送りします。

 

⇒ つぎの記事  母乳が出なくて育児ノイローゼになった。

 

書籍化されました!!

ミィの産後うつブログが本になりました。
ブログに書いた産後うつ体験記や、精神科医のアドバイス、産後うつチェックリストが載っています。