⑱ 退院から寛解まで

退院後すぐにフル育児しながら全力疾走したら、救急搬送された話。

85ブログ

こんにちは、ミィです。私は、第一子を出産後に、双極性障害を発症しました。

産後まもなく、不眠や希死念慮といった、うつの症状が現れ、産後3カ月から精神科に入院しました。治療を開始したところ、今度は躁転。軽躁状態のまま、産後6カ月で病院を退院することになりました。

今回は、退院してすぐ、私が救急搬送されてしまった話について書いていきます。

 

入院中から、退院後の準備は万端

産後6カ月、私はついに精神科病棟から退院することができました。

当時の私は、自分が軽躁状態になっているとは疑わず、「自分のうつはかなり良くなった」と思っていました。

退院する前から、病院の個室で、市役所など色々なところに電話をかけまくって退院後の準備をしていました。

・保育園の一時預かりの登録(2か所)

・保育園の正式入院の面接

・ファミリーサポートの登録

・新しいメンタルクリニックの受診

これらすべての登録を、退院してから一週間でこなそうと、自分でスケジュールを組みました。

退院したのは2月だったので、新年度までは保育園の空きがなく、一時預かりをお願いする保育園を探しました。

4月からは別の保育園に入園させるために、空いている保育園を探し、市役所の面接日も決めました。

何かあったときのために、ファミリーサポートの登録をしておき、提供会員さんとの顔合わせの日取りも決めました。

前のメンタルクリニックは先生との相性が悪かったので、新しいメンタルクリニックの紹介状を書いてもらい、初診日も決めました。

さらに、いきなり、一人でフル育児です。

これは、全部、自分で調べて、自分で決めて実行しました。

自分の力を過信して、頑張りすぎた結果

私は、完全に昔のようにやれる気になっていました。

元気に働いていた頃の自分に戻っていると思っていました。

一週間、頑張っちゃったんですよね。

3カ月も赤ちゃんと離れていた人間が、いきなり一人でフル育児するだけでも相当なものなのに。

いざやってみると、「あ、できる」と思っちゃった。

我が子恐怖症がスッカリ治っているので、6カ月の大ちゃん(息子)はそれはそれは可愛くて、育児が全く苦痛じゃなかったんです。

離乳食を作って食べさせて、一人でお風呂に入れて、寝かしつけて、一人でも全く問題なくできたんです。

月曜日は一人でフル育児して、火曜日はファミリーサポートの提供会員さんのお宅で顔合わせをして、水曜日は大ちゃんをファミリーサポートの人に預けている間に自分はメンタルクリニックを受診して、木曜日は離乳食作りをしてフル育児、金曜日は保育園の面接のために市役所に行きました。

メンタルクリニックでは、新しい主治医から「あなたは双極性障害の疑いがあるから、躁転に気をつけて。」と言われても、「向井先生、まだ疑ってたのか。」としか思いませんでした。

こんなことをしていたら、めまいと頭痛でフラフラになりました。

一週間が終わって、金曜日の夜、とつぜん心臓に不整脈の発作が起きました。

 

不整脈の発作で救急搬送。でも、「ネタができた」としか思わず。

私はもともと発作性上室性瀕拍という不整脈の持病があって、疲れたりすると何の前触れもなく脈が160~200まで上がっちゃって、息が苦しくなるときがあるんですね。

とつぜんその発作が起きてしまいました。

いっくんに電話したら、「救急車を呼んだ方がいい」と言われて、どうしようもなくて自分で電話しました。

救急隊員の方が到着すると、私は大混乱の中、説明し始めました。

「すみません、私、簡単に救急車を呼んじゃいけないのは分かってたんですけど、夫もいなくてどうしようもなくて、すみません。私はうつ病で、発作性上室性瀕拍という病気もありまして。6カ月の息子もいるんです。ミルクを持っていかないと・・・」

大ちゃん「キャー」

救急隊の人「こういうとき、救急車は呼んでいいんだよ。安心して、ぼくらは優秀な救急隊だから!」

そのまま、病院まで救急車で運ばれました。

いっくん(夫)は、職場から病院まで一時間半かけて駆けつけてくれました。

いっくんは「いきなりやりすぎだよ。」と言っていました。

大ちゃんは、新しい遊びだと思ったのか、ハイテンションで大喜びしていました。

退院そうそう大変な騒ぎになってしまいましたが、私は「申し訳なかった」と思う反面、こう思っていました。

「これは、後でネタになる」

軽躁状態だったから、深刻に考えずに面白おかしくいられたんだと思います。

私は、こんな騒動を起こしても、深く反省することもなく、「また発作が起きたらどうしよう」と不安になることもなく、「いいネタができた」くらいにしか思っていませんでした。

いっくんや周りの人にとっては、「いい加減にしろ」でしょうね。

周りの人の見る目が全く分からなくなってしまっていることも、躁の怖さだと思います。

こんな状態で始まった退院後の生活、一体どうなってしまうのでしょうか。